HOME > 極真会館

極真会館

極真精神 ・理念

極真空手の精神は【頭は低く、目は高く、口を慎んで心広く、孝を原点とし他を益する】を基本とし、人種、民族、宗教、思想、政治を超越し、偏見を廃し極真空手を通して世界交流を行い世界平和に貢献する事を究極の目標とする。
【頭を低くとは「驕ることなく。」目を高くとは「高い志を堅持すること。」口慎んで心広くとは「人の悪口を言ったり、口先だけの人にならず、人や物を慈しむ大き な心を持つ。」考を原点としとは「親、師、先輩、友人、国を愛し、恩と感謝の心を持つ。」他を益するとは「自分が人の為、世の為になりたいと行動することである。」】
 

武道と極真

【武道】とは自らに厳しい自己鍛錬を課し、その技を極める事によって、人格形成を目指すものである。
【武の道においては、千日をもって初心とし、万日をもって極めとする】という、故 大山 倍達 総裁の座右の銘にあるように、武を通して、心を極める、技を極める、そして真実の道を極めるということで命名されたのが【極真】である。

このページのトップへ